読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇のしずくを私に

ライトワーカーです❤️愛と光と共に、光り輝くお手伝いをさせていただきます!怪しさ満載(笑)

🌹大学中退したけど大丈夫だった話④

今思い出すと笑ってしまうんやけど、
 
本当にその時は、頭の中で、 


・親を殺したんだぞ、お前。
・お前は売春婦だ。
 
の二本立ての幻聴オンパレード♪♪and

脳内リピート♬

 

 

 

めちゃめちゃしんどい。・°°・(>_<)・°°・。

 


 
両親の住んでる〇〇県へ行くとしたら、新幹線でも行けるのだけど、住んでる町は、中心部の駅からすんごい離れた小さな駅のそばにあったから、どちらかというと、高速バスの方が便利やった。
 
どちらにしても、一旦大阪市内に移動するわけやけど、ひたすら幻聴が聞こえる。
 
やっとの思いで大阪駅に着いたら、そこからは
幻聴が、

 


「お前、親が死んでるって言うのになんで、そんな安いバスなんかで移動するんだよ!」
 

「早く行ったら助かるかもしれないのに、だったらヘリコプターでも乗っていけばいいじゃないか!」

 

 

 

ええっ!ヘリコプターて((((;゚Д゚)))))))

はぁ!?

 

 


私はヘリコプターなんか借りたら一体いくらかかるかわかんないし、それこそどうやって乗っていいかわからん。

それこそ、ヘリコプターなんか乗る知ってる人なんて、高須クリニックの高須院長ぐらい。(笑)

 

 

 

 

 

f:id:akirockn:20170106092742j:image

 イエス!イエス!高須クリニック(笑)

 

 

 

 

 

私はノーやけども!(笑)

 

 

 

 

 

どうしようΣ(゚д゚lll)って考えたら、

 

 


「せめてお前、新幹線で行けよ、新幹線のほうが早いだろう。」
 

っていう声が聞こえて、新幹線に乗ることにした。
 
新大阪の駅の新幹線の路線図のボードをみた。普段、新幹線に乗って行かないから、料金がわからない。
でも、いけないわけではないので、〇〇県への料金を確かめた。その後に続いて、〇〇県から

両親の住んでいる駅までは、確か1時間半くらいかかる。


でも。。。

 

何度見ても、

〇〇県から両親が住んでいる駅の表示が全くない!!!


 
おかしい!いつも降りる駅の表示が全く無い!近くの駅の表示はあるのに!見当たらない!


 
何回も探したけど、みつからないから駅員に聞こうとしたら、駅名が思い出せない。
 
また、声が聞こえてきた。
 
「駅がないだろ。お前が親を殺したから、その近くの駅が不吉という事になってもう、閉鎖されたんだよ。」

 


と、同時に、また、血まみれになって両親が倒れている幻覚が私には見えた。

 

 

 

 

心の中、キャー!!((((;゚Д゚)))))))

 

 


 
もーその時点では75%くらいは、私、やっちゃったんかなって思い始めてきてた。
 あまりにリアルで。

 

 


だから、駅がないんだったら仕方がない、でも残りの25%くらいは、まだ殺したかどうかわかんないから、確かめないと思い〇〇県の中心部から降りて、タクシーで行こうと決めた。
 
とりあえず新幹線で〇〇県までのチケットを買おうとしたら、そしたら今度は券売機でチケットが買えない!
 
何回お札入れても戻ってくる!
 
なんだこれ!って思ったら今度は幻聴から
 
「お前持ってんの、全部偽札なんだよ!!」
 
その時は、また、びっくりした。

ええ!偽札て!

殺人犯した上に、お金の偽造て!!

 

 

 

_| ̄|○      _| ̄|○ 、、、、。

 

自分で自分にツッコミをいれた。

 

 

けど、、幻聴のはざまとはざまでなんとか冷静に考えてみた。

 

 

偽札をどっかで手作りした記憶はあんまりないから、なんか機械の故障だろうと言い聞かせて、後、本当に早く行かないとと思って、慌てて駅員さんに事情を話して、チケット買って新幹線に乗り込んだ。
 

 

新幹線に乗ったら今度は、お前は売春婦だ!の方の幻聴が強めになってきて、自由席で結構空いてて、席も空いていた。私は歩いたり、幻聴の声を聞いたりで、しんどくて当然席に座ろうとするんやけど、今度は、
 
「お前は、売春婦なんだろー。売春婦のくせに椅子なんか座るんじゃねー!!!」
 
って怒られた。結構その時点での、幻聴の声のボリュームは、結構大きめで、本当に耳元で怒鳴られてる感じ。
でも、声もでかいし、いいかげん立ってるのもしんどかったから、私は、新幹線の車両の連結部に移動して、もたれて立ってようとした。
 
そしたら、幻聴が、

 

今度はお前は、売春婦なんだから、ゴミ箱の横に立て!邪魔なんだよ。

 

って言ってきた。もう、何度も言われるのが面倒になってきて、ゴミ箱の横に立つことにした。
当たり前なんやけど色んなひとが私が立ってる横のゴミ箱にゴミを捨てて行った。
 
そうこうしてるうちに、目的の〇〇県の駅についた。
私は駅に降りたら、タクシーに乗って、両親の住む家に移動しようとした。お金も結構あるし、多分なんとかなるだろうし。でも、何故か両親が住んでいた近くの駅の名前が思い出せない。近くの駅だと思い出せるから、近くの駅までなんとか行こうとした。だけど、幻聴を聞いているとすごく疲れて来て、もう横になりたい、休憩したい気持ちが出てきた。
だから、タクシーに乗った、女の人でも1人で泊まれるような、ビジネスホテルはないか聞いて、そこに行って貰うことにした。

 

 

私は、タクシーに乗り込んで、どこでもいいので、近くのビジネスホテルに言ってほしい。と運転手に言った。

 


 
そしたら、今度は幻聴が、

タクシーの運転手を誘ってお客にするんだ!っていう指示が出た。
でも、私は、お金も結構持ってたし、全然そんな気なかったけど、しかも、タクシーの運転手さんは結構な年配の方だったので、何にもしなくたって金くれるかも知んないぜー、早く声かけろよ!って感じで結構聞こえてきたけど、そうこうしているうちに、タクシーの運転手さんが探して小さなビジネスホテルに到着したので、そこで降りた。
 
とにかく私は疲れ果ていてベッドに横になりたかった。案内された部屋にはベッドがあってすぐに横になった。
その後は、しばらく横になって過ごした。だいたい3時間くらいだったと思う。その間はあまり幻聴は聞こえず。ただ、眠くはなかったのでただ横になっていた。
 
 
しばらくすると、そろそろ起きるんだ。という声が聞こえて起き上がった。時間は夕方6時ぐらいやったと思う。今まで、1人でビジネスホテルに泊まらずに出たことなんてないけど、

幻聴の言うことは聞かないといけない、聞かないと、ひどく怒られるという思いでいっぱいだったから、チェックアウトした。

 

 

チェックアウトした時に、受付の人は私に何も気にするわけでもなく、普通に一泊の料金を請求して、私はお金を払って出ていった。

 

 

⑤に続くよε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

グゲギャン!!!


 

🌹大学を中退したけど大丈夫だった話③

自分の携帯からは怖くて両親に電話出来なかった私は、平野ノラが使ってるみたいな、携帯が出始めたころの超デカイ携帯だったら勇気がでて電話かけれるんじゃないかなと思いすぐさま、近所の電器屋さんに買いにいった。


 
 f:id:akirockn:20170105090209j:image
今、売ってねーし❤️

 

 

 

f:id:akirockn:20170105090243j:image
平野ノラさん、素っぴん衝撃のかわゆさ❤️

 

 

 

その時は頭の中で、何度も繰り返し、親をころしたんだよの声が聞こえたり、映像で血だらけになってる両親が見えたりしたりしたもんだから、もう段々と自分が親をひょっとしてころしたんでは❓という気持ちが湧き上がって来た。

 

あ、後に調べたら、幻聴と幻覚ってセットのことが多いみたいね(//∇//)

 

 

 

 

 

当時、私は両親が嫌いでした。

 

 

 


離れて暮らし始めたのも、

きっかけは、お父さんの仕事がなくなって、1人でやっていた電気工事士の仕事を辞めて、お父さんの生まれ故郷だったら仕事があるかもしれないから、お母さんから引っ越しを決めたからやけど、

子供の頃から、

両親が食事時にお金のことで激しく言い争いをするのが嫌だった。

言い争いというか、お金がないことをお母さんがお父さんに怒鳴りつけている感じ。

お父さんは、女は外で働くのはダメという考え方で、お金がなくても決してお母さんに外で働かせようとしなかったから、いつでも同じパターンだった。

 

好きな絵や音楽やスピリチュアルなんかをやりたいって言ってもどうせ反対するだろうし言っても無駄だろうと思って、
自分のことはほとんど話してなかった。
 
離れてくらしてからは、両親は2人共収入も少ないだろうから、お金を渡したら安心するだろうて思って、
給料から、お金のことで、お母さんが不安がらないよう、黙り賃としてボーナスから1万円位渡したり、クリスマスプレゼントとかで服とか渡したりしてたのも
感謝の気持ちとかじゃなく。
 
2人にお金のことでケンカするのがうっとおしかったのと、
お金がないからという理由で、古い服を着たりするのを辞めてほしかったのと、
ただ2人から離れたくて、1人暮らしをしていた。お母さんの怒鳴り声を聞かなくて、ホッとしていた。

 

 

 

 

だから、ひょっとして自分が両親を殺していて、電話かけることで、自分が真実を知ることになるのが怖かったので、両親が住んでいる〇〇県に出掛けることにした。もうお昼は過ぎていた。
私自身ひょっとしてひょっとするかもと思って、直接、両親の家に向かうことにした。


途中で、頭の中のその声は主催者じゃなくて、悪魔の声に変わって言った。

 

両親の家に向かおうとした時、またも頭の中の声が聞こえて来た、お金は全財産を持っていかないと、逃げる時にお金がいるから、っていって、銀行からお金を全部おろせって声が聞こえたけど、落としたら怖いから20万位にした。そしたら、足りねぇよとか言われたけど、落としたら怖いから無視した。

 

 

続きだす↓


 

 

 

🌹大学を中退したけど大丈夫だった話②

もともと私、スピリチュアルをはじめたきっかけは、仕事にしたいのが先にあった。

占いが子供のころから大好きで、小学生の頃はタロットカードを買って、友達を占ってあげたりしていた。
雑誌の占いは欠かさず読むし、しかもラッキーアイテムが、赤いカバンとかだったら間に受けて速買ってた感じ。
大人になると、会社で先輩が当たる占い師の人を紹介して観てもらったり、四柱推命、手相、姓名判断を自分でも本を買って調べてみた。

私の場合は、主に占ってもらってた内容は、とにかく仕事。適職って何❓って聞いてた。
小学生の頃は、歌うのが好きだったけど、音楽の勉強なんかしたことなかったし、それで食べれるなんて思わなかったし、
絵を描いて食べれる人なんて、聞いたことないし、

高校の時なんかの友達は、ハッキリお化粧が好きやから美容部員、とか、舞台好きやから舞台職人!とか職業がハッキリしてたから余計に明確な私に向いてる仕事が知りたかった。

 

お父さんが、自営で電気工事士をやってて、私が男の子なら跡を継いでもらいたいみたいやったけど、女にはやれる仕事じゃないって言われた。それでも、お父さんはすごく楽しそうに仕事に行ってたから、女の子に生まれたことにコンプレックス持ってたし。私に出来る仕事はなんなんやろーってずっとずっと思ってた。

 

高校卒業後は、なにがしたいかわからんくて、とりあえず就職したり、海外に行ったり、その後は資格がいるかなーって思って介護の仕事についたりしてた。そうそう、占いでも水関係の仕事。サービス関係や病院が勧められてたのもあって。

 

 

占いは色々やってて、33才位のときに、誕生数秘学っていう占いに出会った。

それで、自分には、スピリチュアルなことが向いていて、両親の性格も占ってみたら、なんとなく当たっていてたから、この占いスゲーとか思って、誕生数秘学のセミナーが大阪であったので行ってみた。

 

講師は、大阪でアロマセラピストをされている南亜季さんという、大人の普通の女性だった。

 

誕生数秘学は基本的な数字の意味を知って、なんとなくわかってきたから、その後、南さんから、レイキヒーリングを教えてもらって、それから、感情解放のスクールに通い、願望実現のセミナーやカードリーディング、アロマを使ってのリーディング報、鍼の先生のクラスに出てみたり、名古屋まで行ってヨガも習って、チャクラについて学んだりした。スピリチュアル系の本は手当たりしだい読んでみた。神社についての参拝方法も習いにいったなー。すごい楽しかった。

 

 

そうこうして色んなことを学んでいくうちに、一緒に勉強してきた子達がイベントに出たりしていくうちに、私もイベントに出ることにした。

 

 

その頃、カードリーディングやアロマを使ったリーディングや透視で、イベントに出てみた2回位。でもお客さんははじめは4〜5人、一回で千円位。2回目は少し値段を千五百円くらいでやってみたら、お客さんふたりとかそんな感じ。だけど楽しかった(^-^)
あと、そのイベントチラシを500枚だったかな❓配るノルマがあったけど、確か冬だったかな、駅前で2、3枚配ってやめたなー。心折れて。寒いし、渡してもみんな無視するしでそっこー帰った。で、チラシは家にしばらくおいてた。たしか、心屋仁之助さんの本かなにかで、チラシを配った話があったけど、なんか物凄い量を配りきった話してて、この人すごいなー根性あんなーと思ったけど。
私には無理やったです。
イベントも勤め先が副業ダメだったから、なんとなく、後ろめたい気持ちもあった。

 



そうやってスピリチュアルのイベントに出てもお金にならないし、一度だけイベントで知りあったデザイナーの女の子に、家に来てもらってセッションしたけど、もしも自分の部屋をサロンみたいにして、変わった人が来たらどうしよう。。。とか思ったりして悶々としていた。

 

パソコンで色々調べたら。
そしたら、アフリエイトって儲かるってしって、じゃあスピリチュアルを記事にしてアフリエイトやったらいいやん❗️って思ってたら、小雪さんてひとのブログにたどり着いて、そのブログは初心者向けのブログで、そのブログに行くと、アフリエイトの説明とか、どうやったらアフリエイトが始められるとか親切に書いてあった。そこから教材を買って始めてみたよ。
それが、IMUという名前の大学。アフィリエイトの大学やった。
確か、インフォマスターユニバーシティだったかな!
アフィリエイトで有名な人が主催した、メールが送られてくるからめちゃ嬉しくて、絶対頑張って出来るようになろうと、毎日配信される動画を必死でみてたな。

そんでもって、課題が送られてくるんやけど、それが、おすすめの、ラーメン屋さんを動画にまとめて送りなさいっていう課題で、動画なんか作ったことないし、コピーとか考えたけどぜんぜーん出来なかった。
 
  

ラーメン動画が、間に合わなかった私は、ラーメン屋さんに選んだのが、自分の家から約一時間半くらいかかる、18歳で初めて就職した、会社の近くにあるラーメン屋さんだったか、なにか自分の中で怒りが出てきて、せっかく頑張ったのに、提出出来なくてめちゃ悔しくて、もうこれは気合いいれなあかんとか思って、大学からのメール配信に、クリスマスはゆっくりしましょうとか来たけど、無視して、お正月は家族と過ごそうとかもメールで来たけど、ひたすら、1人暮らしのワンルームマンションで、パソコンに向かってアフィリエイトのブログを書いてた。



お正月の2日だったと思う。
私は、またパソコンに向かって、気合いいれなあかんと思って、なぜか、通常混ぜてはいけないブレンドされているアロマオイルを混ぜて吸引した。
再び、パソコンに向かうと、頭の中で



「おい、おい、おーい、そんなんじゃダメじゃねーかよ❗️」


ってそのアフィリエイトの主催者の声がおおきな声できこえた。

私は、その声に対して、いやそうですか、すみません
みたいに頭の中で返事した。当時、スピリチュアルのスクールで、神からのメッセージを聞くとかいうのを習ったからすっかり、神の声が聞こえたのかと思ったから(o^^o)その後はその声の言う通りに、頭の中で、会話しながら作業を進めていたのだけど、確かお正月の4日かな。




「おまえは、親を殺した。」





という声が聞こえた。私は、一瞬、は❓ってなった。意味わからんと。でもそれが何回もきこえた、頭の中で


「お前は親を殺したんだよー覚えてねーかもしれないが、今年の正月、親のところに帰ってねーと思ってるけど、お前は親をころしたんだよ。嫌いだったからな、ケケケ。」

「後、お前は姉の家族も殺したんだよ。嫌いだったからな。」


そんな言葉が頭の中で、何回も繰り返された。
殺したのほかに、殺す、死ぬ、バカ、アホもひたすら繰り返された。


段々と自分でも、自分が親を殺したと思わずにいられなくなって、電話をかけたら、私が親を殺してるから誰も出ないはずだと思い込んで、電話もかけるのも怖くて出来なかった。

 

 

話は続くんやけどさ〜

 

 

🌹大学を中退したけど大丈夫だった話①

 

f:id:akirockn:20170103182733j:image

 

去年の10月ぐらいに、ナリ心理学のブログをたまたま見つけて読み出した。

 

もともと、スピリチュアルのブログは色々な方のを読んでたけど、ナリ心理学のナリ君の文章には凄い引き込まれていった。

 

特に大阪弁の使い方の巧さと、マイナーなギャグも巧みに使いこなして、心のことについてのブログはどちらかというと深刻になるのに、爆笑してしまう内容。私はめちゃハマってしまったψ(`∇´)ψ

 

ナリ心理学のブログの中で、色々な方が、自分大丈夫だったよーってのを伝えているのがあるんやけど、私もずっと言いたかった大丈夫なことがあるので、真似して書きたいと思いまーす

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

私は約3年前に大学を中退しました。でも大丈夫だった話。

 

私は、3年前、1人暮らしをしていて、訪問介護の仕事をしてました。
変則だったから、早番は6時から14時半、遅番は14時から夜の23時まで、あとは日勤で8時半から夕方5時まで。
みんなで順繰りで交代で出勤する感じ。
まあ、しんどかったね、、


でもその前に9年間、病棟で看護助手として、夜勤もやってたから自分でまだましだろーっていいきかせながらやってた。夏は暑いし冬は寒いながらの原付バイク移動。

仕事始めた時、60歳の定年前の上司にしごかれたなー。ちょうど、スピリチュアルのセミナーとか行きまくってた時で、アロマを付けていったらメチャ怒られたりしたな。
まだ、先輩とかは優しい方だったし、バイク移動も、好きだからなんかやってた。

スピリチュアルの、セミナーでも、値段が高いものに行ってたから、毎月のお給料は貯金が出来ずにいた。借金はしてないけどね。

 

 

 

ちなみに、私が着てる赤と紺のシマのシャツは、ルコックです(笑)

🌹お金について、なるほどと思った姪からの贈り物。

高校一年生になる姪がいて、


お正月なので、家に遊びに来たのですが、


お年玉のお返しにと、お菓子をお土産に持ってきてくれました。



箱の中にお菓子が入っているのですが、


箱の表面はだまし絵になっていて、


箱の上を持ってくるくる回すと


子鹿がケーキを、アリスに渡し、


アリスがケーキを、うさぎに渡し、


うさぎがケーキを、子鹿に渡し


ひたすらケーキをみんなで回すという(笑)


この箱の絵はケーキは誰も食べないけど、


もしも、ケーキがお金だったらと考えたら


世のお金の動きってこうなんやろうな。


と、今は思えるようになりました♬

🌹カレンダーに書いてあるけどさ!


みんなが笑ってて、爆笑してても


自分がつまんなかったら、


無理に笑わなくたっていいんだo(^_^)o



♪お手元にお手元〜


♪膝元にお手元〜


♪腰元にお手元〜


♪首元にお手元〜


で、



爆笑したければしたらいいんだよ!!
(((o(*゚▽゚*)o)))



さらに自分のお手元でやってみれば



爆笑やで(笑)

🌹はっ、はっ初めましてなのに、自己紹介あんましてなくって、、えっと緊張するっどうしよう´д` ;わっわっどうぞよろしくお願いますっっすみません、すみません!




よろしくどーぞー(笑)



名前は、立石 亜紀子(たていし あきこ)と言います。大阪にすんでいます。41才、女性です✨✨


✨ライトワーカーです。✨


この、ライトワーカーというお仕事は、愛と光を使って、光り輝く道へとご案内〜するのがお仕事です。なんか意味不明やな、と思われる方がいても、なんかこのブログに来てもた方はこのまま読んでいかれるのが身のためやで(笑)


【とくいわざ】
❤️レイキヒーラー

❤️香りレイキ®ヒーラー

❤️シータヒーラー

❤️ドルフィンスターテンプルミステリースクール
FSP1&2終了

❤️セラピー等級アロマオイル、ヤングリビング会員

❤️アロマエンライトメント®終了

❤️誘導瞑想

❤️マスターナンバーは11番

❤️中学の時、ソフトボール部だったため、小さなゴミをゴミ箱に投げると8割は入る。

❤️お習字を習っていた為、真剣に書けば美文字✨

❤️美術科卒業でちゃんと絵が描ける為、カードを引いてから絵を描いて正解を当てるゲームで
は、みんなみたいにおもしろイラストが描けない。

❤️旅行先など知らない土地でも、なんかしらんけど道を聞かれる。(笑)

❤学生時代️fishboneのライブ中、モッシュピッドの中で、大コケして、周りの人がノリノリの中全く立ち上がれず、生まれたての子鹿のようになり生死を彷徨ったものの、外国人男性3人に助けられ、怪我一つしなかったと言う幸運の星の元に生まれる✨

❤️41才に見られない。童顔。
(初対面の人に30代かと思ってた〜と言われることに、心の中でガッツポーズをしてその流れで、ウルフルズのガッツだぜを脳内リピートしてからの、ええねん。を歌い始める。のが通常の流れ。)


❤️前の職場がセコムで鍵をしめていたけど、
鍵の閉め方を2回も間違えしまい、アルソックみたい服を着た、セコムのお兄さんを2回も呼んでしまった。でも大丈夫だった。
決して、セコムのお兄さんの制服姿を見たかったわけではありませんて\(//∇//)\

❤️イギリスに3ヶ月短期留学の経験あり。
でも、ほとんど英語は話せない(笑)でも友達はできた。(o^^o)

❤️お正月にお餅をあんまり食べない。普段からお餅あんまり好きじゃない。

❤️初めての海外旅行(イギリス)で台風の為、飛行機の乗り継ぎに遅れてしまい、タイで1泊するハメになるが、むしろその方が面白かったという、強運の持ち主✨

❤️天地真理boaと誕生日が同じ♪

❤️ハイヒールモモ子さんと、道で3回会ったことがある。いつもオシャレにされています✨✨

❤️中学時代、タージンと会った時はめちゃ緊張した\(//∇//)\話せなかった。


❤️音楽大好き!イギリスのロック!1番好きなのは90年代のグランジ
マニックスストリートプリーチャーズは学生当時のアイドル!

クーラシェイカー聞きながら、誘導瞑想考えるとめちゃはかどるよ♪

主にバンドもの。日本人なので、日本のバンドもの大好き。Jポップもとてもとても好き❗️


❤️家事の中では、食器洗いが好き。水洗いが水遊びみたいやからが理由。
でもあんまり、複雑な洗い物は苦手。魚焼き器とか。
後の家事はお母さんがしてる。
家事あんま好きちゃう。
うちのお母さんめっちゃ料理上手い( ^ω^ )


✨よろしくお願いします✨