読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇のしずくを私に

ライトワーカーです❤️愛と光と共に、光り輝くお手伝いをさせていただきます!怪しさ満載(笑)

🌹大学を中退したけど大丈夫だった話②

もともと私、スピリチュアルをはじめたきっかけは、仕事にしたいのが先にあった。

占いが子供のころから大好きで、小学生の頃はタロットカードを買って、友達を占ってあげたりしていた。
雑誌の占いは欠かさず読むし、しかもラッキーアイテムが、赤いカバンとかだったら間に受けて速買ってた感じ。
大人になると、会社で先輩が当たる占い師の人を紹介して観てもらったり、四柱推命、手相、姓名判断を自分でも本を買って調べてみた。

私の場合は、主に占ってもらってた内容は、とにかく仕事。適職って何❓って聞いてた。
小学生の頃は、歌うのが好きだったけど、音楽の勉強なんかしたことなかったし、それで食べれるなんて思わなかったし、
絵を描いて食べれる人なんて、聞いたことないし、

高校の時なんかの友達は、ハッキリお化粧が好きやから美容部員、とか、舞台好きやから舞台職人!とか職業がハッキリしてたから余計に明確な私に向いてる仕事が知りたかった。

 

お父さんが、自営で電気工事士をやってて、私が男の子なら跡を継いでもらいたいみたいやったけど、女にはやれる仕事じゃないって言われた。それでも、お父さんはすごく楽しそうに仕事に行ってたから、女の子に生まれたことにコンプレックス持ってたし。私に出来る仕事はなんなんやろーってずっとずっと思ってた。

 

高校卒業後は、なにがしたいかわからんくて、とりあえず就職したり、海外に行ったり、その後は資格がいるかなーって思って介護の仕事についたりしてた。そうそう、占いでも水関係の仕事。サービス関係や病院が勧められてたのもあって。

 

 

占いは色々やってて、33才位のときに、誕生数秘学っていう占いに出会った。

それで、自分には、スピリチュアルなことが向いていて、両親の性格も占ってみたら、なんとなく当たっていてたから、この占いスゲーとか思って、誕生数秘学のセミナーが大阪であったので行ってみた。

 

講師は、大阪でアロマセラピストをされている南亜季さんという、大人の普通の女性だった。

 

誕生数秘学は基本的な数字の意味を知って、なんとなくわかってきたから、その後、南さんから、レイキヒーリングを教えてもらって、それから、感情解放のスクールに通い、願望実現のセミナーやカードリーディング、アロマを使ってのリーディング報、鍼の先生のクラスに出てみたり、名古屋まで行ってヨガも習って、チャクラについて学んだりした。スピリチュアル系の本は手当たりしだい読んでみた。神社についての参拝方法も習いにいったなー。すごい楽しかった。

 

 

そうこうして色んなことを学んでいくうちに、一緒に勉強してきた子達がイベントに出たりしていくうちに、私もイベントに出ることにした。

 

 

その頃、カードリーディングやアロマを使ったリーディングや透視で、イベントに出てみた2回位。でもお客さんははじめは4〜5人、一回で千円位。2回目は少し値段を千五百円くらいでやってみたら、お客さんふたりとかそんな感じ。だけど楽しかった(^-^)
あと、そのイベントチラシを500枚だったかな❓配るノルマがあったけど、確か冬だったかな、駅前で2、3枚配ってやめたなー。心折れて。寒いし、渡してもみんな無視するしでそっこー帰った。で、チラシは家にしばらくおいてた。たしか、心屋仁之助さんの本かなにかで、チラシを配った話があったけど、なんか物凄い量を配りきった話してて、この人すごいなー根性あんなーと思ったけど。
私には無理やったです。
イベントも勤め先が副業ダメだったから、なんとなく、後ろめたい気持ちもあった。

 



そうやってスピリチュアルのイベントに出てもお金にならないし、一度だけイベントで知りあったデザイナーの女の子に、家に来てもらってセッションしたけど、もしも自分の部屋をサロンみたいにして、変わった人が来たらどうしよう。。。とか思ったりして悶々としていた。

 

パソコンで色々調べたら。
そしたら、アフリエイトって儲かるってしって、じゃあスピリチュアルを記事にしてアフリエイトやったらいいやん❗️って思ってたら、小雪さんてひとのブログにたどり着いて、そのブログは初心者向けのブログで、そのブログに行くと、アフリエイトの説明とか、どうやったらアフリエイトが始められるとか親切に書いてあった。そこから教材を買って始めてみたよ。
それが、IMUという名前の大学。アフィリエイトの大学やった。
確か、インフォマスターユニバーシティだったかな!
アフィリエイトで有名な人が主催した、メールが送られてくるからめちゃ嬉しくて、絶対頑張って出来るようになろうと、毎日配信される動画を必死でみてたな。

そんでもって、課題が送られてくるんやけど、それが、おすすめの、ラーメン屋さんを動画にまとめて送りなさいっていう課題で、動画なんか作ったことないし、コピーとか考えたけどぜんぜーん出来なかった。
 
  

ラーメン動画が、間に合わなかった私は、ラーメン屋さんに選んだのが、自分の家から約一時間半くらいかかる、18歳で初めて就職した、会社の近くにあるラーメン屋さんだったか、なにか自分の中で怒りが出てきて、せっかく頑張ったのに、提出出来なくてめちゃ悔しくて、もうこれは気合いいれなあかんとか思って、大学からのメール配信に、クリスマスはゆっくりしましょうとか来たけど、無視して、お正月は家族と過ごそうとかもメールで来たけど、ひたすら、1人暮らしのワンルームマンションで、パソコンに向かってアフィリエイトのブログを書いてた。



お正月の2日だったと思う。
私は、またパソコンに向かって、気合いいれなあかんと思って、なぜか、通常混ぜてはいけないブレンドされているアロマオイルを混ぜて吸引した。
再び、パソコンに向かうと、頭の中で



「おい、おい、おーい、そんなんじゃダメじゃねーかよ❗️」


ってそのアフィリエイトの主催者の声がおおきな声できこえた。

私は、その声に対して、いやそうですか、すみません
みたいに頭の中で返事した。当時、スピリチュアルのスクールで、神からのメッセージを聞くとかいうのを習ったからすっかり、神の声が聞こえたのかと思ったから(o^^o)その後はその声の言う通りに、頭の中で、会話しながら作業を進めていたのだけど、確かお正月の4日かな。




「おまえは、親を殺した。」





という声が聞こえた。私は、一瞬、は❓ってなった。意味わからんと。でもそれが何回もきこえた、頭の中で


「お前は親を殺したんだよー覚えてねーかもしれないが、今年の正月、親のところに帰ってねーと思ってるけど、お前は親をころしたんだよ。嫌いだったからな、ケケケ。」

「後、お前は姉の家族も殺したんだよ。嫌いだったからな。」


そんな言葉が頭の中で、何回も繰り返された。
殺したのほかに、殺す、死ぬ、バカ、アホもひたすら繰り返された。


段々と自分でも、自分が親を殺したと思わずにいられなくなって、電話をかけたら、私が親を殺してるから誰も出ないはずだと思い込んで、電話もかけるのも怖くて出来なかった。

 

 

話は続くんやけどさ〜