読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇のしずくを私に

ライトワーカーです❤️愛と光と共に、光り輝くお手伝いをさせていただきます!怪しさ満載(笑)

🌹縦の関係から横の関係へ


こないだ夢で、

何故か、保育所にアルバイトに行く夢みたんやけど、3人先輩がいた。

みんな女の人。全員が見知らぬ人やった。

出勤初日やったから、基本的な事とか仕事を教えて貰った後に、お昼くらいの時間になって


「そしたら、立石さん休憩は3時からで、大丈夫❓私ら先に休憩とるから。」
って言われて。
めちゃ、お腹空いてたんやけど、

「はいっ!大丈夫です(o^^o)」

って答えてた。・°°・(>_<)・°°・。


朝起きて、まだまだ、私、相手が先輩とか目上の人とかに自分の気持ちをよう、伝えへんのやなーと思って、恥ずかしかったし、そんな気のちっさい自分を責めてしまった。

お腹すいてるのに、なんでよう伝えきれへんかったんやろうなー。

思いきって、ナリ心理学のブログに書いてあった、ペンとノートやってみた。

まず、最初に出てきたのが、前に勤めてた、会社の勤め始めの頃。
訪問介護の仕事やったから、利用者さんの家を覚える必要があるけど、私は、勤め先の会社は地元じゃなかったから、住所なんかは全然わかんなかったから、周りに聞いたりするの恥ずかしいし、バカにされるのがイヤやったから、みんなより早く出勤して、利用者さんのファイルを見てた。そしたら、先輩は、なんでそんな早くきてんのーとか言って逆に質問してきたけど、なんでそんな質問してくるかわかんなかった。なんでこんな頑張ってるのに、いちいち言ってくるんかなーって思って、土地名とか知らないからって言ってたら、私も知らなかったよーって言われた。
でも意味わかんなかった。ほっといてくれって思ってた、むしろ、なんでお前、ギリギリに出社してんねん、やる気ないんかい、とか思った
( ̄Д ̄)ノ 上司には褒められた。


その後でてきたのは、中学校の部活のソフトボール部の時のこと。

お母さんから、中学のクラブは運動部に入った方が、身体動かすことになるから出来るだけ、運動部に入んなさいよ、って言われて、野球を観るのが好きやったから、ソフトボール部に入った。

で、そのソフトボール部に入ることになったのも、お母さんが、運動部に入った方がいいって言うこともあった。当時、7年くらい通ってたお習字もクラブ入ったら通えなくなるから、やめちゃったし。お母さんは、その時良かれと思って言ってくれたけど、
その時も私は、本当はお習字とか、絵を描くのが好きやったから、親の言うことは絶対というのも自分の中にあったんやな。と気づいた。


おまけにソフトボール部の上下関係が厳しくて、先輩に挨拶するのは、必ず大声で、
それ、グラウンドだけじゃなくて、普段休憩時間に先輩にすれ違うだけでも、大声で挨拶しないとあかんかった。理由は、声を出す練習をするため。試合する時に、応援する時に大声出さなくちゃいけないから。

そいで、思い出したのが、その応援する時の言葉なんやけど笑

守りの時のは、

♪はいるぴっち、ぴっちゃーはいるよー
♪はいるぴっちー♪ ってみんなで大声で叫ぶ!

バッターへの応援の時は

♪当たれよバッターバッターバッター
♪当たれバッター

でこれをひたすらゆうてたな。なんの疑問もなく。結構運動部ってこんな応援言ってたなーとか思って。まあ、やらないと怒られるからと言う理由とかでやってたな。

私の中で、グループとか組織とかに属する時は、その偉い人とか立ち上げた人とか、長とか先に入った人とか先輩とかの言うことは聞かないとダメ、怒られる。それが当たり前とかは、その頃からずーっと思い込んでいたことなんやろなー。


それが、縦の関係とゆうやつで、私の世代では当たり前のようにある関係やったけど、これからは、どんどん横の関係にシフトしていきたいなーそいじゃないと上手くいかないなー。