読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇のしずくを私に

ライトワーカーです❤️愛と光と共に、光り輝くお手伝いをさせていただきます!怪しさ満載(笑)

🌹大学中退したけど、大丈夫だった話。⑪


診察室で、お父さんのことで爆笑したあとは、これからのことを先生が話してきた。



その前に、私が過去に、こんな幻聴が聞こえてきたことがあるか❓って聞かれた。



幻聴については一度もない。だけど、高校卒業して初めて就職した会社を退職したあと、
一度だけ、心療内科に通院したことがある。


布団から起きれなくなって、ご飯も食べれなくて、体が動かない状態が半年くらい続いたことがあった。



会社を退職するタイミングが、先輩が辞めたあと、直ぐに辞めて職場が急に2人辞めたことに対して、なんてわたしはひどいことをしてしまったのだろう。周りの方にあんなに親切にして貰ったのに、、。と、すごく後悔して自分を責めていた。


で、私が会社を辞めたと知った人からは、もう、辞めたのに気にしなくていいのにって言う人もいれば、恩を仇で返したねーと言ってくる友達もいて、頭の中が混乱していたのと、ひたすら向いてない仕事を必死でやって、オーバーヒートしてたんだと思う。





そんな様子を見て、お母さんが、精神科に通った方がいいんじゃないか、と言ってきた。
お父さんは、いつまでも寝てばかりいないで、ちゃんと起きなさいと言うばかりだったけど。


私は、
その時、グチや辞めてしまったことに対しての後悔を暗い声で言いまくっていて周りの人に迷惑かけて、先輩にもいい加減にしーやと怒られたのをきっかけに、近くの駅の近くの心療内科に通院した。


その時は、インターネットも家になかったし、適当に駅をフラフラ歩いて看板を見つけて病院に行った感じ。



待ち合い室にいて感じたことは、目の前に座ってる人の、落ち込み具合がものすごかったのにびっくりした。


もしも、貞子が、ショートカットだったら!!
みたいなのを想像したらわかるとおもうけど。
そんな地面ばっかりみてどうしたんですか!って突っ込みたいような人が正面に座ってた。


私はびっくりしたと同時に

「あっ、私、そんなにひどくないなー。ここまでは落ち込んでないわ。」って失礼ながら思ってしまった。


心療内科はものすごい混み具合で、随分まった。受け付けの人もなんか、イラついてる感じがした。


やっと順番が回ってきて、先生が今の状態を聞いてきたから、布団から起きれなくなっていることを話した。


で、私の気持ちをやっとの思いで話した。
会社を急に辞めてしまって後悔している。と伝えたら。

その先生は、

「あーいつまでも終わったこと考えてもねー。


と、だるそう(まあ、その先生の話し方がそう言う話しかたをする人かなんかわからんけど、
私は、じゃけんに扱われた気がした)に言って、じゃあ薬だしとくねーって感じで言われた。


私は、心療内科に行ったことをめちゃ後悔した。いつまでも終わったことを考えても仕方ないけど、考えてしまうかここにきてるんやん。



じゃけんに扱われた気がしてしかたなかったから、あの先生はヤブ医者なんやわと、勝手に決めつけて薬も飲まずに、通院もしなくなった。



そのあと、なんとかイギリスへ短期留学に行ったら、毎日が穏やかで楽しくて布団から起きれない状態なんか、いつの話かしら❓みたいな感じに戻った。




そんな、軽い感じのウツ状態でも、一度でも心療内科に通院したことがあると先生に伝えたら、なんとなくやけど、先輩と管理者の方の空気が、「ああ、やっぱりなー、そういう精神疾患て繰り返すんやもんねー。」みたいな空気を感じた。なんかめちゃ恥ずかしかった。



その話を先生は、真剣な顔で聞いてくれて。(当たり前やけど(*´∀`*)
そのあと、幻聴が統合失調症の可能性を説明してきた。統合失調症の場合は、私が聞いている幻聴のように、死ね、とかボケとか、罵倒することが多いんやけど、その声の言ってる先が、誰かわからないことが多いから、その可能性が低いと説明してくれた。